よくある質問

インプラントの治療・プロセスについて

現在の歯の状況について

インプラントの費用について

インプラントの治療・プロセスについて

Q. 最近、書籍などで格安インプラント、10万円インプラントが危険であるような記述を見かけます。本当のところはどうなんでしょうか?
私たちはインプラントには主に世界シェアTOPのノーベルバイオケア社製または、国内シェアTOPの京セラメディカル社製などの信頼あるメーカーのものを使っています。他はアストラテック(アストラテック社製)等を使用しています。合わせて年間5,500本が弊院の実績です。国内で最大級の実績と思われます。このような実績があるからこそ安心できる技術の提供が可能と考えております。ブローネマルクは55年以上の歴史、POIも20年以上の歴史があり信頼性はとても高いと考えています。最近では、安価なBAPインプラントなどがありますが、信頼性に乏しく当院では使用しておりません。弊院ではブローネマルクやアストラゼネカなど世界の材料から患者さんに合わせて最適なものを選んでいます。危険なのは症例に合わないのに無理に不適切な材料を使うようなケースです。弊院では症例に合わせて最適な材料を選んでいます。従って格安インプラントが危険との指摘は弊院の場合は当りません。

↑ページトップへ

Q. 最近、年間5万本または8万本の実績を背景に売り込んでいる医院がありますが、そんな実績の医院があるんですか?
ブランドの材料の流通実績と医院の施術実績を混同するような広告で誤解を与える可能性があるものです。私達は自医院での実績しかうたいません。また、症例は千差万別であるにもかかわらず、AQB(BAP)など1種類の材料だけしか用意しないで治療を行うのは適切とは考えていません。

↑ページトップへ

Q. どのように異なるメーカーのインプラントを使い分けるのですか?
インプラントにはインプラント体がフィクスチャー(骨内に入る部分)とアバットメント(歯肉を貫通する部分)に分かれるツーピースとフィクスチャーとアバットメントが一体のワンピースがあります。前者の代表がブローネマルクで後者の代表が弊院ではPOI,AQB(BAP)です。無歯顎の患者さんに施術するオール・オン・フォーのような術式はツーピースでしか対応できません。また、審美を求める方にはブローネマルク、リプレイス、アストラテックの方が適切な場合があります。その他オッセオインテグレーション(骨が形成されてインプラント体と骨が一体化すること)のスピードや感染症の可能性や考慮すべきことはいろいろあります。もちろん経済性も考慮するとPOIあるいはAQB(BAP)が最適と考えられるケースが多いことも間違いありません。また、弊社は、よりよい治療のために、常に新たな材料についても研究を続けております。したがいまして、使用する材料の範囲は今後も増えていくと思います。
当院で扱うインプラントメーカーはこちら

↑ページトップへ

Q. 正しく確実な治療のポイントはなんですか?
顎の骨は、人によって厚さや角度が大きく異なり、インプラント治療には、診査、診断が非常に重要になります。虫歯や歯周病の一般的な治療では、2次元(平面的)のレントゲン撮影の場合が多いのですが、インプラント治療においては、2次元にしかレントゲン写真を撮らないと思わぬところで計算ミスをし、神経を圧迫したり、血管を傷つけたりする可能性があります。当院では、インプラント治療の安全性を一層高めるため3次元(立体的)に顎の骨を捉え解析できる最新の歯科専用CT(コンピューター活断撮影器)による撮影を必須としています。CTの撮影に関してもインプラント専門医が行います。インプラント通算施術本数2,000本以上(800本でベテランといわれます)の実績を持つベテラン専門医が当院には、何人もおります。
また、治療手順をプロトコールと言い、このプロトコールを正確に守ることで正しい治療が行われます。当院ではこのプロトコールの整備に時間と手間をかけています。

■最先端技術「ストローマンガイド・システム」のご案内
インプラントを入れる位置を予めコンピューターシュミレーションで決め、最適なポジション(インプラントの位置・角度・深さ)を決定して行く最先端のシステムです。ストローマンガイド・システムを使用した治療により患者様のお口の状態に合わせて入れるインプラントは、治療の際の安全性も高く、患者様のご負担も軽減されます。また、見た目も美しく長持ちするのが特徴ですので気になられた方は、ぜひカウンセリングの際にご相談ください。

↑ページトップへ

Q. インプラント以外の治療はしていないのでしょうか?
当院はインプラント専門医院ですが、「ただインプラントを埋めるだけ」という治療は行っておりません。患者様お一人お一人の長期的な予後を考え、インプラントの成功に関わるようなその他の治療、つまり歯周病初期治療や、咬み合わせの改善を含めた1口腔単位の包括治療等も行っておりますので、担当医にご相談下さい。

↑ページトップへ

Q. インプラントの治療期間はどれくらいでしょうか?
通常の手術であれば、インプラントを入れてから約3か月、4回の通院で完了します。
1回目 → インプラントを骨の中に入れて固定します。
2回目 → 約2週間後、糸を抜きます(しない場合もあります)
3回目 → 約2か月後、インプラントが骨とくっついたら歯型をとります。
4回目 → 歯型を取って約2週間後に、ポーセレンの白い歯をセットして完了です。

↑ページトップへ

Q. 抜歯をしてから、すぐに治療はできるのでしょうか?
歯を失ってからの期間が3か月未満ですと、骨ができていないことがあるため、一般的には、抜歯後3か月以上経ってからインプラントを入れます。ただし、前歯や小臼歯(真ん中から数えて5番目まで)は、抜歯と同時にインプラントができる場合もありますので、まずは無料カウンセリングにてご相談ください。大臼歯(6番目以降)は大きいので、すぐに治療することは難しいでしょう。

↑ページトップへ

Q. 治療期間中は、歯が無い状態で過ごすのでしょうか?隠すことはできないでしょうか?
基本的には、前歯には仮歯を入れますので、日常生活には支障なくお過ごしいただけます。

↑ページトップへ

Q. インプラント手術には、どれくらいの時間がかかるのでしょうか?
インプラントの植立は、1本当たり5分〜15分で終わります。
仮歯の調整を含めると、目安として以下の時間がかかります。
1〜2本 1時間
3〜4本 1.5時間
5〜6本 2.5時間
7〜8本 3.5時間

↑ページトップへ

Q. 手術は痛いのでしょうか?心配です。
手術中は麻酔を行いますので、ご安心ください。
術前から痛み止めを投与することにより、ほとんどの方は痛みをあまり感じません。
ただ痛みの感じ方には個人差がございますので、中には多少の痛みを感じられる方もおられます。今まで痛くてどうしようもなかったと訴えた方はいらっしゃいませんのでご安心ください。当院には麻酔専門医が常駐しておりますので、うたたね気分でインプラント手術を行い、気がついたら治療が終わっている静脈内鎮静法もできますし、点滴で痛み止めを投与することによって痛みを除去するメニューを多く持っていますのでご安心ください。
麻酔専門医によるセデーションはこちら

↑ページトップへ

Q. カウンセリングでは、どのようなことをするのでしょうか?
無料カウンセリングでは、問診・視診・触診の範囲内でわかることをお伝えし、当院での一般的なインプラント治療についてお話をさせていただきます。レントゲン、口腔内写真、歯型などの詳しい診断を行い、治療計画や費用などをご相談させていただきます。

↑ページトップへ

Q. インプラントのかぶせ物には、どのような種類があるのでしょうか?
基本的には、内側がメタル、外側がセラミックのメタルボンドという素材で白い歯を作ります。奥歯などかみ合わせによってセラミックの厚みが取れない場合には、やむなく総金属にする場合がございます。また未来の金属ジルコニアやハイブリッドセラミックなども対応しています。

↑ページトップへ

Q. メンテナンスとは、どのようなことをするのですか?
インプラントは歯と同じで、周囲にバクテリアが集積してくると骨を失い、その結果、せっかく入れたインプラントがダメになってしまいます。ですから、まず、周囲に汚れがついていないか、専門家が慎重にチェックし、汚れをつきにくくするために歯のブラッシングのご指導をいたします。またかみ合わせをチェックすることにより、かむ力が歯列全体に上手に分散されるよう調整いたします。

↑ページトップへ

Q. カウンセリングの予約はどうすればよいのですか?
フリーダイヤル : 0120-848-479にお電話ください。受付時間は、月〜日9:30〜19:00です。

↑ページトップへ

現在の歯の状況について

Q. 総入れ歯なのですが、インプラントは可能でしょうか?
インプラントは、骨があればできますので、上下に全く歯が無くても可能です。
骨がない場合は骨移植をすれば可能な場合もございますので、あきらめないでご相談ください。

↑ページトップへ

Q. 金属アレルギーがあるのですが、大丈夫でしょうか?
当院で使用しているインプラントは純チタン製です。金属アレルギーの方でも、チタンでアレルギーを起こす確率は、全くないわけではございませんが、非常に低いといわれています。また、被せものに関しては、通常は合金を使用いたしますが、チタンやジルコニアも用意していますので、カウンセリング時にご相談ください。
心配な方は、皮膚科にてパッチテストを行う事をおすすめ致します。

↑ページトップへ

Q. 歯周病で歯がグラグラしてしまっています。インプラント可能でしょうか?
歯周病ですと、周囲の骨を失っている場合があり、特に上顎ですと特殊な手術が必要な場合がございます。歯周病は骨を溶かしてしまいますので、放置するとインプラントの際に特別な処置が必要になることがあり、費用も期間も余計にかかってしまいますので、早急に処置なさることをお勧めします。

↑ページトップへ

Q. 現状は入れ歯を利用していますが、インプラント可能でしょうか?
歯が抜けた状態で長く置くと、廃用性萎縮といって、骨がどんどん無くなってしまいますので、早めに処置される方がよいでしょう。

↑ページトップへ

Q. 歯が全部無いのですが、とりあえず見える部分の前歯2本だけをお願いすることはできますか?
奥歯と前歯はお互いにかばい合っており、前歯だけですと、下の歯が上の歯の裏に当たることによって、インプラントを傷めてしまいます。下の前歯が上の前歯にあたる時に、奥歯同士が噛むことによって前歯を守るわけです。
従って、前歯だけですと、せっかく入れたインプラントがダメになってしまう確率が高いと言えますので、奥歯も一緒に治療されることをお勧めいたします。

↑ページトップへ

インプラントの費用について

Q.費用はどれくらいかかりますか?
インプラント治療は自由診療のため、価格は各医院で算定します。
当院では、事前のカウンセリングと診断によりお見積りをお出しし患者様にわかりやすく治療内容と価格を提示しております。お見積りは、お口の中の状態を診ながら患者様のご希望を伺い方針を決めますので、費用についても価格を抑えたものから、治療期間が短く現在主流となっておりますストローマン社製ロキソリッド/SLActiveなど高品質なインプラントまで患者様に合わせたご提案が可能です。

当院では、変動費が約32%で残りが固定費です。一般的には変動費は20%以下ではないでしょうか。一治療あたりにかかる固定費の割合が当院は低いと言えます。
丁寧に時間をかけた治療をしているにも関わらず一治療当りの固定費が低いということは、一方で無駄を排除しているということでもあります。患者様一人一人に合わせ計画的に治療のスケジュールを組むことでこれは達成されています。

最新システムの導入や麻酔医を常駐させるなど、常に安全性や技術向上に細心の注意を払い、不断のクオリティチェックを重ね、より高品質な治療を目指し、経験値、技術力の高さで治療の進捗や治りも早いため、多くの症例を重ねる事ができ、効率化と技術力の向上を背景に低価格が実現可能となっているのです。

↑ページトップへ

Q. ローンは使えますか?
デンタルローンをご利用いただけます。
まずは、ローン審査を行います。用紙にご記入いただいてから早ければ15分程度で審査結果が出ます。もちろん、用紙をお持ち帰りいただいて、ご検討いただいても構いません。

↑ページトップへ

Q. 保証はありますか?
当院のインプラントには、治療完了後、最長10年保証がついています。期間中は、年2回、メンテナンスにご来院ください。
最長10年保証といってもインプラントが10年しかもたないわけではなく、世界的には40年もっている例もあります。経験的には20年以上という印象です。まれに人工歯根が骨に定着しない場合がありますが、その場合は、1-2年で結果が出ますので、保証期間の範囲内です。

↑ページトップへ

Q. メンテナンスの費用は、おいくらですか?
日ごろのお手入れによりますが、通常1回につき5,000円です。メンテナンスの際に、他の歯の治療を開始される場合には、別途費用にて承ります。

↑ページトップへ

CT撮影診断〜カウンセリング予約はこちら(全て無料)
カウンセリング予約