治療(施術)後のメンテナンスと「安心の保証制度」

 治療(施術)と同じく大切なメンテナンス(アフターケア)

治療(施術)後に大切なことは、
インプラントの定着状態や、かぶせ物の状態、咬み合わせの状態が、患者様にとって違和感なく、そして正常な状態で機能しているかということです。


インプラントでいちばん怖いのは、インプラント周囲炎と言う、歯周病と同じような病気です。これは骨を溶かしてしまう病気なので、インプラントを喪失してしまう危険性があります。 自覚症状が出る頃は、かなり進行している状態と言えますので、こうならないために、定期的なメンテナンス検診をしてください。

当院のメンテナンス(アフターケア)は

治療が終了したらメンテナンスプログラムに入ります。
当院では患者様に定期的にメンテナンスにお越しくださる事をお勧めしています。


メンテナンスにご来院いただくと、周囲に汚れがついていないか、専門家が慎重にチェックし、汚れをつきにくくするために、歯のブラッシングのご指導をいたします。また、かみ合わせをチェックすることにより、かむ力が歯列全体に上手に分散されるよう調整いたします。


患者様にはインプラントの状態が分かるように、「メンテナンスブック」をお渡し、ご来院の度に記録を取って継続的に管理していきます。患者様と一緒になって、歯を大切にしたいという思いでメンテナンス(アフターケア)に取り組んでいます。

メンテナンスのための“ケアグッズ”についても詳しくご説明します

インプラントやお口の中をケアするためには、それにふさわしいケアグッズを使うことをお勧めしています。


一般の歯ブラシに比べて、非常にやわらかいので、手術直後のデリケートな歯肉のケアにぴったりな「エクストラウルトラソフト歯ブラシ」や、
通常のハブラシでは届きにくい、インプラントと被せ物の間や舌側にピンポイントに届く「タフト型歯ブラシ」は、治療(施術)後のメンテナンスに欠かせないケアグッズです。


最適なケアグッズやその利用方法も丁寧に説明しますので、ご安心ください。

「安心の保証制度」も充実しています

「最長10年保証」「何度でも」の安心保証制度で、治療(施術)後の安心もサポートしています

一般的にインプラントは、
私どもの経験から20年以上もつと考えています。
まれにインプラントが定着しない場合がありますが、その場合は1〜2年で定着しない傾向が表れます。ぐら付きなどの傾向が表れたときは、遠慮なくご相談ください。直ちにご対応致します。


その他にも、当院でのインプラント治療後にお気付きの点がありましたら早めにご相談ください。即座にご対応致します。
そのために当院では、インプラント治療の完了時に「保証書」を患者様にお渡ししています。 「最長10年の間」、「何度でも」交換をするなど、安心の保証制度をご用意しています。