歯周病は放置をすると
歯ぐきの骨が溶けて”歯が抜けていく”病気です。

成人の約8割が歯周病にかかり、
実は20代でも約7割がかかっているんです。

厚生労働省の調査によると
平成26年「歯肉炎及び歯周疾患」の総患者数は、331万5,000人
20歳代で約7割、30〜50歳代は約8割
60歳代は約9割が歯周病にかかっています。
歯周病は初期の段階では、ほとんど自覚症状がないのが特徴であり
重症化して、歯がぐらつきはじめてから気づくことも多く、
たくさんの歯を失ってしまうケースも多くみられます。

歯周病ってどんな病気?

放置することにより全身へ悪影響を及ぼします。

歯周病原性細菌によって歯周組織に炎症が起き、
深い歯周ポケットが形成されるような状態になると、
歯周ポケットから生体内に侵入した細菌そのものに加えて、
炎症の場で作られる物質が歯肉の血管を通じて血液に流れ込み、
これが全身の組織や臓器に何らかの影響を与えると考えられています。
歯周病が及ぼすリスク
・脳梗塞・誤嚥性肺炎・心筋梗塞・心内膜炎・動脈硬化・糖尿病など
※特定非営利活動法人日本歯周病臨床学会サイトより抜粋
アイデンタルクリニックでは
歯周病菌1日で一気に治療できる
<歯周病1dayケア>
を行っております。

当院の1dayケアとは?

アイデンタルクリニックでは歯周病菌を1日で治療する
FMD(フルマウスディスインフェクション)を用いています。
FMDとは短期間で歯周ポケットあるいは、口腔内の他部位(口腔粘
膜、舌、扁桃、咽頭、唾液)における歯周病原細菌を除去あるいは
抑制
し、処置した歯周ポケットへの再感染を予防あるいは遅延させる
治療方法です。

保険治療との違い

保険適用の歯周病治療では5回以上に渡り、治療を行って行きます。
通院頻度によっては2ヶ月程度の期間を要すため、未治療部位から
細菌が伝搬
してしまい、再発につながりやすい
デメリットがあります。
アイデンタルクリニックの<歯周病1dayケア>は
一気で全ての歯を治療するので
治療効果が格段に期待できます。

治療の流れ

費用

合計 300,000円 (税込)
現金でのお支払いの他、クレジットカード、デンタルローンがご利用いただけます。

■含まれるもの
・レントゲン(デンタル10枚法/14枚法)・ブロービング検査
・静脈内沈静法(セデーション)・抗生物質・痛み止め
・口腔内浸潤麻酔・スケーリング・ルートプレーニング
※場合によっては歯肉の切開剥離・縫合・歯周パック

1day歯周病ケアに関してご不明な点はお気軽にお問合せください。